高杉真宙さん/高校生の自分へ

INTERVIEW.01高校時代 一問一答
通学のお供といえば?
電車で漫画を読みながら通学していました。好きなジャンルは幅広くて、少女漫画も少年漫画も青年漫画も読みますし、ファンタジーもちょっとグロいものも読んでいて。今も好き嫌いなくいろんなジャンルのものを読んでいますね。
得意科目&苦手科目は?
得意科目は化学でした。小さい頃から理科は好きだったことと、覚えるだけだったので、他の科目よりは頭に入りやすかった、というのもあります。苦手科目は古文。あれも覚えるだけのはずなんですけど(笑)。どちらかというと理系のほうが得意でしたね。
勉強のときの必須アイテムは?
気分転換にたまに食べるお菓子ですかね。僕は基本的に、集中する時は無音じゃないとダメで、音楽は一切聴かなかったです。テスト勉強は、わりと一夜漬けタイプでした(笑)。
高校時代の一番の思い出は?
友だちと放課後にしゃべっていた時間が思い出に残っていますね。連続ドラマ『セトウツミ』では、自分の高校生時代を自然と思い出しながら演じていました。当時は気付かなかったけど、「ああ、友だちとただただ話している、こういう時間が大事だったんだな」って思います。

どんな高校生でしたか?

INTERVIEW.02「高校時代の自分」に一番近いなと思う役は?
どの作品もやっぱり物語があるから、似ていることはなかなかないんですけど……『逆光の頃』という映画の赤田孝豊役は、考えていることや行動が自分に近いな、とは思います。自分に似ている役だと、演じるのは逆に難しいですね。「どこでどう自分と違うのかな?」と考えなきゃいけなくなるので。
では、撮影中の映画『虹色デイズ』、2018年1月スタートの連続ドラマ『賭ケグルイ』での役は、どのくらい自分に近い?
『賭ケグルイ』のほうはまだ撮影が始まっていないので、よく分からないんですが、『虹色デイズ』の直江剛は自分に似ている部分が多いかもしれない。漫画やゲームが好きなところもそうですし、俯瞰的に物事を見ている感じもすごく似てるな、と思います。

「高校時代の自分」に一番近いなと思う役は?

INTERVIEW.03もし、大学か専門学校に今から進学をするとしたら?
想像がつかないので、ドラマや漫画、映画で見るような明るいキャンパスライフを送ってみたい……かな(笑)? 専攻はやっぱり、理系ですかね。どの分野がいいのかまでは、高校でそこまで深く勉強していないので、分からないんですけど(笑)。あと、全然違う場所から来る人ばかりなので、同年代の、全く新しい感覚の人たちと出会ういい機会なんじゃないかな?とも思います。

もし、大学か専門学校に今から進学をするとしたら?

INTERVIEW.04進路決定は大きな人生の転機。高杉さんにとっての転機は?
『逆光の頃』という映画に出演したことです。小林啓一監督とご一緒したのは、16歳の時に出演させていただいた映画『ぼんとリンちゃん』以来4年ぶりでした。撮影現場で、演技というものについていろいろと学んでいくうちに、「演技ってすごく楽しいな。もっとやってみたいな」と思えたことが今に繋がっています。実は、役者という職業には元々そこまで興味がなかったんです。小さい頃の夢は、レスキュー隊員や幼稚園の先生になること。レスキュー隊員は、「なぜなりたかったのか?」も覚えていないぐらい小さい頃からの夢で、幼稚園の先生は、子どもはかわいいなあと思うし、2人の弟の面倒を見るのがすごく好きだった、というのもあって。でも、『逆光の頃』でいろいろと勉強させていただいて、それを機に意識が変わりましたね。

進路決定は大きな人生の転機。高杉さんにとっての転機は?

INTERVIEW.05進路選択に悩む高校生へ応援メッセージを
何がきっかけで自分の感覚が変わるのか本当に分からないので、たくさんの人に出会って、いろいろな感覚を知っていくのがいいんじゃないかな?と思います。自分の好きなことを見つけるのも重要ですよね。もしすぐには見つからなくても、いろんな人に出会うことによって考えが変わってくるんじゃないかと僕は思うんです。僕もこの仕事に対して最初はまったく興味がなくて、ずっと迷って断っていたのを、「1回だけやってみようかな」と思ってやってみて、それが今では……という感じ。こんなに楽しくできるようになるとは思ってもみなかったです(笑)。
挑戦することは怖くありませんか?
新しい挑戦はやっぱり怖いですよ。ただ、「やるしかない」と心のどこかで思っているし、「できなくてもできても、何日か後には結局、やってるんだから」と言い聞かせ、覚悟を決めています。スキーもスノーボードも、クロスカントリーの選手の役(連続ドラマ『カッコウの卵は誰のもの』)を演じるために初めて挑戦して、必死に練習しました。そうしたら、どんどん上達していって。「あ、自分ってこういうことができたんだ」という感覚の更新があるのは、面白いですね。

進路選択に悩む高校生へ応援メッセージを

INFORMATION2018年夏公開 映画『虹色デイズ』

http://nijiiro-days.jp/

主演の一人:直江 剛 役

『セトウツミ』の撮影が終わって、関西弁という表現の縛りからようやく解き放たれて(笑)、今、いろいろ役を演じさせていただいています。逆に「自由過ぎてどうしたらいいんだろう?」という戸惑いも少しあるぐらい、「大変だったんだなあ」と改めて思いますね。今はちょうど映画『虹色デイズ』を撮影しているところです。4人主演という形はなかなかないので、「すごいな」と思いますね。キャストの皆さんが若いですし、現場は華やかですごくきらびやかです。

2018年1月放送開始 連続ドラマ『賭ケグルイ』

漫画原作のドラマで、賭け事でいろいろなことが決まっていく架空の学校が舞台になっています。演出は映画『トリガール!』でご一緒させていただいた英勉監督なので、たくさんの無茶ブリがあるんじゃないかな?と……(笑)。少しの不安と期待、楽しみとが入り混じっています。僕は賭け事を実況するリングアナのような役だと言われているんですけど、まだ詳しくは分からなくて。監督には「『カイジ 人生逆転ゲーム』の藤原竜也さんと香川照之さん、どっちのタイプで行く?」と訊かれたので、「あ、激しい役なんだな」と想像していて。「どっちも頑張ります!」とは答えました(笑)。

高杉真宙さんのサイン入りチェキを5名様にプレゼント!

進学マイスターで無料の学校パンフレットを
請求してくれた方の中から抽選でプレゼント!
資料請求完了後に表示される申し込みフォームに必要事項を入力してね!

今なら10校以上のパンフレット請求で
QUOカードがもらえるキャンペーンも実施中!

応募締切:2018年1月31日(水)

締切り後、期間中にご応募いただいた方の中から厳正なる抽選の上、
当選者を決定いたします。
また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。

Photo/田辺佳子 Text/大前多恵 Stylist/石橋修一 Hair&Make/堤紗也香

衣装/ロングカーディガン¥36,000、カットソー¥13,000、パンツ¥38,000、スニーカー¥20,000
(以上全てラッド ミュージシャン/ラッド ミュージシャン 原宿)

問い合わせ先/ラッド ミュージシャン 原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-35 03-3470-6760

スマホ版では別カットを掲載中!ぜひ両方チェックしてみてくださいね。

高杉真宙さん/高校生の自分へ

高杉真宙さん
たかすぎ まひろ:1996年7月4日生まれ、福岡県出身。2009年のデビュー以降、ドラマ、映画、舞台、CMと幅広く活躍。2017年は映画『PとJK』『ReLIFE リライフ』『想影』(主演)『逆光の頃』(主演)『トリガール!』『散歩する侵略者』の6作品が公開。2018年も『虹色デイズ』(主演/夏公開予定)『世界でいちばん長い写真』(主演)『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』の公開を控える。
高校時代 一問一答

高校時代 一問一答

通学のお供といえば?
電車で漫画を読みながら通学していました。好きなジャンルは幅広くて、少女漫画も少年漫画も青年漫画も読みますし、ファンタジーもちょっとグロいものも読んでいて。今も好き嫌いなくいろんなジャンルのものを読んでいますね。
得意科目&苦手科目は?
得意科目は化学でした。小さい頃から理科は好きだったことと、覚えるだけだったので、他の科目よりは頭に入りやすかった、というのもあります。苦手科目は古文。あれも覚えるだけのはずなんですけど(笑)。どちらかというと理系のほうが得意でしたね。
勉強のときの必須アイテムは?
気分転換にたまに食べるお菓子ですかね。僕は基本的に、集中する時は無音じゃないとダメで、音楽は一切聴かなかったです。テスト勉強は、わりと一夜漬けタイプでした(笑)。
高校時代の一番の思い出は?
友だちと放課後にしゃべっていた時間が思い出に残っていますね。連続ドラマ『セトウツミ』では、自分の高校生時代を自然と思い出しながら演じていました。当時は気付かなかったけど、「ああ、友だちとただただ話している、こういう時間が大事だったんだな」って思います。

CLOSE

「高校時代の自分」に一番近いなと思う役は?

「高校時代の自分」に一番近いなと思う役は?

どの作品もやっぱり物語があるから、似ていることはなかなかないんですけど……『逆光の頃』という映画の赤田孝豊役は、考えていることや行動が自分に近いな、とは思います。自分に似ている役だと、演じるのは逆に難しいですね。「どこでどう自分と違うのかな?」と考えなきゃいけなくなるので。

では、撮影中の映画『虹色デイズ』、2018年1月スタートの連続ドラマ『賭ケグルイ』での役は、どのくらい自分に近い?

『賭ケグルイ』のほうはまだ撮影が始まっていないので、よく分からないんですが、『虹色デイズ』の直江剛は自分に似ている部分が多いかもしれない。漫画やゲームが好きなところもそうですし、俯瞰的に物事を見ている感じもすごく似てるな、と思います。

CLOSE

もし、大学か専門学校に今から進学をするとしたら?

もし、大学か専門学校に今から進学をするとしたら?

想像がつかないので、ドラマや漫画、映画で見るような明るいキャンパスライフを送ってみたい……かな(笑)? 専攻はやっぱり、理系ですかね。どの分野がいいのかまでは、高校でそこまで深く勉強していないので、分からないんですけど(笑)。あと、全然違う場所から来る人ばかりなので、同年代の、全く新しい感覚の人たちと出会ういい機会なんじゃないかな?とも思います。

CLOSE

進路決定は大きな人生の転機。高杉さんにとっての転機は?

進路決定は大きな人生の転機。高杉さんにとっての転機は?

『逆光の頃』という映画に出演したことです。小林啓一監督とご一緒したのは、16歳の時に出演させていただいた映画『ぼんとリンちゃん』以来4年ぶりでした。撮影現場で、演技というものについていろいろと学んでいくうちに、「演技ってすごく楽しいな。もっとやってみたいな」と思えたことが今に繋がっています。実は、役者という職業には元々そこまで興味がなかったんです。小さい頃の夢は、レスキュー隊員や幼稚園の先生になること。レスキュー隊員は、「なぜなりたかったのか?」も覚えていないぐらい小さい頃からの夢で、幼稚園の先生は、子どもはかわいいなあと思うし、2人の弟の面倒を見るのがすごく好きだった、というのもあって。でも、『逆光の頃』でいろいろと勉強させていただいて、それを機に意識が変わりましたね。

CLOSE

高校生に向けて励ましのメッセージを

進路選択に悩む高校生へ応援メッセージを

何がきっかけで自分の感覚が変わるのか本当に分からないので、たくさんの人に出会って、いろいろな感覚を知っていくのがいいんじゃないかな?と思います。自分の好きなことを見つけるのも重要ですよね。もしすぐには見つからなくても、いろんな人に出会うことによって考えが変わってくるんじゃないかと僕は思うんです。僕もこの仕事に対して最初はまったく興味がなくて、ずっと迷って断っていたのを、「1回だけやってみようかな」と思ってやってみて、それが今では……という感じ。こんなに楽しくできるようになるとは思ってもみなかったです(笑)。

挑戦することは怖くありませんか?

新しい挑戦はやっぱり怖いですよ。ただ、「やるしかない」と心のどこかで思っているし、「できなくてもできても、何日か後には結局、やってるんだから」と言い聞かせ、覚悟を決めています。スキーもスノーボードも、クロスカントリーの選手の役(連続ドラマ『カッコウの卵は誰のもの』)を演じるために初めて挑戦して、必死に練習しました。そうしたら、どんどん上達していって。「あ、自分ってこういうことができたんだ」という感覚の更新があるのは、面白いですね。

CLOSE

INFORMATION2018年夏公開
映画『虹色デイズ』

http://nijiiro-days.jp/

主演の一人:直江 剛 役

『セトウツミ』の撮影が終わって、関西弁という表現の縛りからようやく解き放たれて(笑)、今、いろいろ役を演じさせていただいています。逆に「自由過ぎてどうしたらいいんだろう?」という戸惑いも少しあるぐらい、「大変だったんだなあ」と改めて思いますね。今はちょうど映画『虹色デイズ』を撮影しているところです。4人主演という形はなかなかないので、「すごいな」と思いますね。キャストの皆さんが若いですし、現場は華やかですごくきらびやかです。

2018年1月放送開始
連続ドラマ『賭ケグルイ』

漫画原作のドラマで、賭け事でいろいろなことが決まっていく架空の学校が舞台になっています。演出は映画『トリガール!』でご一緒させていただいた英勉監督なので、たくさんの無茶ブリがあるんじゃないかな?と……(笑)。少しの不安と期待、楽しみとが入り混じっています。僕は賭け事を実況するリングアナのような役だと言われているんですけど、まだ詳しくは分からなくて。監督には「『カイジ 人生逆転ゲーム』の藤原竜也さんと香川照之さん、どっちのタイプで行く?」と訊かれたので、「あ、激しい役なんだな」と想像していて。「どっちも頑張ります!」とは答えました(笑)。

高杉真宙さんの
サイン入りチェキを
5名様にプレゼント!

進学マイスターで無料の
学校パンフレットを
請求してくれた方の中から
抽選でプレゼント!
資料請求完了後に
表示される申し込みフォームに
必要事項を入力してね!

今なら10校以上の
パンフレット請求で
QUOカードがもらえる
キャンペーンも実施中!

応募締切:2018年1月31日(水)

締切り後、期間中にご応募いただいた方の中から厳正なる抽選の上、当選者を決定いたします。
また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。

Photo/田辺佳子 Text/大前多恵 Stylist/石橋修一 Hair&Make/堤紗也香

衣装/ロングカーディガン¥36,000、カットソー¥13,000、パンツ¥38,000、スニーカー¥20,000
(以上全てラッド ミュージシャン/ラッド ミュージシャン 原宿)

問い合わせ先/ラッド ミュージシャン 原宿
東京都渋谷区神宮前4-26-35 03-3470-6760

PC版では別カットを掲載中!
ぜひ両方チェックしてみてくださいね。