大谷大学

Be Real 京都でみつける新しい未来。
「社会学部」「教育学部」「文学部」の3学部体制へ。

学部・学科
  • 社会学部*:コミュニティデザイン学科*/現代社会学科*
  • 教育学部*:教育学科*
  • 文学部:真宗学科/仏教学科/哲学科/歴史学科/文学科/国際文化学科
  • 短期大学部:幼児教育保育科
    *2018年4月新設予定・設置構想中。計画内容は予定であり変更することがあります。
    ※[文学部社会学科/人文情報学科/教育・心理学科及び短期大学部仏教科は2018年4月に募集を停止します(予定)。]
キャンパス所在地
  • 京都府
  • 滋賀県
学校の特徴
  • 2018年4月、「社会学部」「教育学部」「文学部」の3学部体制へ。
  • 抜群のアクセス!最寄駅「北大路駅」の出口からすぐにキャンパスがあります
  • 学生の学ぶ意欲を支える充実の環境

日常の“なぜ?”を話し合うことで見えてくるものがあります

文学部哲学科 2年中込菜さん

「人の死」に関わりのない生活を送っていたので、“死”というものがどういうものかを知りたいと思い、「死生学」が学べる大谷大学の哲学科に入学しました。 哲学科では、「恋と愛の違いは何か」や「今私が生きていると思えるのはなぜか」など、身近にあることから“当たり前”や“常識”という言葉では片付けられない「なぜ?」をじっくり考えています。このようなことをみんなで考え、話し合える場として、他の学科の学生も交えた「哲学カフェ」が学内で開催されています。難しい専門用語を知らなくても“どうして?”と疑問が持てるのなら哲学への道は簡単に開きます。この「哲学カフェ」を高校生のみなさんにも体験していただきたいと考え、オープンキャンパスでも開催しています。気になる「なぜ?」を一緒に考えましょう! また、大谷大学は先生との距離が近いため、先生の個人研究室へ気軽に足を運ぶことができ、すぐに質問を聞きに行くことも。小規模なキャンパスだからこそ、多くの人と接する機会が増え、交友の輪を広げられることが魅力の1つです。他の大学と比べてアットホームな雰囲気が漂う大谷大学にぜひお越しください!

2017年2月現在の情報です

新旧の建物が調和する魅力あふれるキャンパスが大谷大学のみどころ!
新教室棟「慶聞館」では、中央エントランスに広がる学生ロビーを中心に、カフェも併設され、アクティブ・ラーニングを実現する「マルチスペース(マルチ・コモン・サブゼミ)」など多様な教育空間を有機的に配置。自らが創る学びが実現するようにサポートします。また、地下2階~地上2階までの4フロアを占め、蔵書数84万冊以上の図書館、重要文化財10点を含む約12,000点もの文化財を所蔵する博物館、学生が自由に学習できる総合研究室に留学や外国語学習を支援するGLOBAL SQUAREなど、学生の学びたいという気持ちに応える施設が充実しています。

2017年2月現在の情報です

もっと見る

イベント日程

3/20(月・祝) 9:45~15:00
オープンキャンパス

Be Real 京都でみつける新しい未来。
「社会学部」「教育学部」「文学部」の3学部体制へ。