種智院大学

ほっとかない大学。少人数で実感、自分の成長。

学部・学科
  • 人文学部 仏教学科・社会福祉学科
キャンパス所在地
  • 京都府
学校の特徴
  • 教員1人に学生四人の少人数制で、きめ細かな指導。
  • 福祉の国家資格ダブル取得を目指す。
  • 歴史のまち京都伏見で学ぶ。

入試タイプ

  • 一般入試

  • 推薦入試

  • AO入試

  • センター試験利用入試

種智院大学の入試は5タイプ11回。自分に合った受験方法を見つけよう。

学校独自の奨学金制度

  • 給付
  • 減免

福祉の国家資格のW取得を目指して。

人文学部社会福祉学科 2年山本 瑠香さん

高校時代は介護福祉士の資格が取れるクラスで学んでいました。介護の生活援助だけでなく、相談援助もできるようになりたいと思い、社会福祉士と精神保健福祉士の受験資格がW取得できる種智院大学に進学しようと決めました。少人数制で勉強に集中できる環境も整っています。今は来年行われる実習に向けて、日々楽しく勉強に励んでいます。

2018年12月現在の情報です

福祉の国家資格ダブル取得を目指す。
社会福祉学科では、社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格を「4年間で同時」に取得する事ができます。先生1人名に学生が4名つく少人数制のなかで、国家資格の取得にむけて模擬試験や受験対策の講義など、小さな大学ならではの「ほっとかない」サポートが受けられます。

2018年12月現在の情報です

Tag

#面倒見がいい

種智院大学の学びの特徴は、ずばり少人数です。教員が学生一人ひとりにあわせたきめ細かな指導を行うことで、学生は大人数に埋もれることなく自分の成長を実感できます。また、奨学金や就職の相談についてもマンツーマンで支援・指導を行っています。困ったことがあればなんでも相談できる環境が整っています。

#少人数で仲良し #先生との距離が近い #しっかりマンツーマン指導

3/28(木) 14時~15時
おいしいスイーツを食べながら先輩になんでも相談できる、春のスイーツキャンパスを開催。

公式アカウント

一人ひとりが主役になれる大学。