東京農業大学 北海道オホーツクキャンパス

生物資源豊かなオホーツクで”生きる”を探求

学部・学科
  • 生物産業学部[北方圏農学科・海洋水産学科・食香粧化学科・自然資源経営学科]
キャンパス所在地
  • 北海道
  • 東京都
  • 神奈川県
学校の特徴
  • 多様な生物資源に恵まれた”ここだけ”の環境
  • 地域の全てがキャンパスでありマナビの場
  • 全国から集うフロンティア精神旺盛な学生

入試タイプ

  • 一般入試

  • 推薦入試

  • AO入試

  • センター試験利用入試

※センター試験利用入試は本学独自の試験は実施しない

学校独自の奨学金制度

  • 給付
  • 減免

大自然を活動のフィールドに、充実した学生生活を満喫中!

生物産業学部・海洋水産学科 3年今野 千尋さん

北海道オホーツクキャンパスのある網走市は、”流氷”が訪れる世界最南端のオホーツク海に面しています。さらに、5つの湖が点在しているため、水圏の動植物を究めるには、この上ない環境です。特に海洋水産体験実習では、オホーツクを代表する水産物のサケ・マス類を対象に、その基礎生態、増養殖事業、食品加工や流通など、生産現場や陸域と水域の繋がりを学びます。また、カーリング部にも所属し、ここでしかできないことを満喫しています。

2019年5月現在の情報です

”オホーツク地域の全てがマナビの場”をオープンキャンパスで実感!
北海道オホーツクキャンパスでのマナビは、キャンパスの中だけにとどまらず、オホーツク地域を中心とした広大なフィールドが活躍のステージであり、活動範囲は広域です。オープンキャンパスの学外バスツアーでは、キャンパスを拠点として周辺地域へ飛び出し、学生の活躍するフィールドの一端を見学します。さらに、周辺フィールドでの取り組みが授業や研究室でどのように展開されているのか疑似体験してもらい、そのマナビを理解してもらいます。

2019年5月現在の情報です

もっと見る

Tag

#人気の授業紹介します

北方圏農学科は、植物生産分野、動物生産分野、フィールド生物資源保全分野の3分野からなり、「北方圏農学実習」は植物・動物生産や生態系保全に関する基礎知識を習得するため、大規模機械化栽培圃場での実習、大型家畜の一般飼育管理、オホーツク地域の原生花園での観察実習、世界自然遺産知床の森での動植物の観察などを実施。

#充実の周辺環境 #実習重視のカリキュラム #伝統がある

5/26(日) 10:00~15:00
厚木キャンパスツアー
6/9(日) 10:00~15:00
世田谷キャンパスツアー
6/23(日) 10:00~15:00
世田谷キャンパスツアー

もっと見る

7/27(土) 10:00~16:00
北海道オホーツクオープンキャンパス
7/28(日) 10:00~16:00
北海道オホーツクオープンキャンパス
8/4(日) 10:00~16:00
世田谷・厚木オープンキャンパス
8/5(月) 10:00~16:00
世田谷・厚木オープンキャンパス
8/24(土) 10:00~15:00
北海道オホーツクキャンパスツアー
10/13(日) 10:00~15:00
北海道オホーツクキャンパスツアーin収穫祭

さあ、未来の自分を発見する冒険の旅へ出発!