ものつくり大学

理論と実技を融合した革新的工科系大学

学部・学科
  • 技能工芸学部[総合機械学科・建設学科]
キャンパス所在地
  • 埼玉県
学校の特徴
  • 授業の約6割が実習 実際にモノをつくってみることで知識が身につく
  • 40日(最長80日)間のインターンシップで就職力強化
  • 特待生制度と奨学金制度の充実

入試タイプ

  • 一般入試

  • 推薦入試

  • AO入試

  • 特待生入試

  • センター試験利用入試

学校独自の奨学金制度

  • 給付

技能五輪全国大会に出場して

建設学科 4年宇野 元子さん

23歳以下の技術者が日本一を競う「技能五輪全国大会」の家具部門に2年連続出場しました。課題の木製キャビネットを2日間、11時間半という制限の中で製作しました。昨年は入賞できませんでしたが、今年は敢闘賞を受賞しました。本番ではプロとして活躍している方々の技術を間近で見られて、貴重な経験となりました。

2019年2月現在の情報です

長期インターンシップ制度
40日間(最長80日間)という長期間のインターンシップを総合機械学科、建設学科とも2.4年次の複数回に実施します。受入れ企業はのべ5、000社を超え、製造、建設の先進分野から宮大工のような伝統的分野まで幅広く実施します。実践的な技術や感覚を鍛え専門性を高めるとともに、社会人基礎力を養い就職力も強化します。

2019年2月現在の情報です

もっと見る

Tag

#人気のオーキャンプログラム

ものつくり大学のオープンキャンパスでは、毎回違うプログラムで体験模擬授業を実施しています。総合機械学科では「人工筋肉を用いたロボット?~体験して学ぶ柔らかロボティックス~」、建設学科では「伝統の大工の技「規矩術」を学ぶ~紙模型を作ってさしがね使いを体験しよう~など、ものつくり大学ならではの授業を体験できます。

#オーキャンで先輩と話そう #オーキャンで入試のコツ教えます

3/24(日) 10:00~
春のオープンキャンパス
5/26(日) 10:00~
オープンキャンパス
6/23(日) 10:00~
オープンキャンパス

公式アカウント

学生フォーミュラなど全国大会で活躍する学生プロジェクト