神戸松蔭女子学院大学

多彩なカリキュラムで成長 「教育」の神戸松蔭

学部・学科
  • 人間科学部:都市生活学科 都市生活専修(60名)・食ビジネス専修(40名)/食物栄養学科(60名)/ファッション・ハウジングデザイン学科(60名)/子ども発達学科(80名)/心理学科(70名)
  • 文学部:英語学科 英語プロフェッショナル専修(35名)・グローバルコミュニケーション専修(75名)/日本語日本文化学科(60名)/総合文芸学科(50名)
    (2018年4月実績)
キャンパス所在地
  • 兵庫県
学校の特徴
  • 学院創立126年の伝統と実績
  • モットーは「open Yourself , open Your Future」
  • 成長できる環境で“社会に求められる女性”になる

学校独自の奨学金制度

  • 給付
  • 貸与

入試タイプ・募集人数

  • 258名 

  • 44名 

  • 97名 

  • 133名 

一人ひとりをしっかりと見てくださる先生のおかげで積極性が磨かれました。

文学部英語学科グローバルコミュニケーション専修 3年S.Kさん

神戸松蔭はどの学科も少人数制。質問しやすい環境が魅力です。おかげで私も高校生の時より積極的になれたと思います。学内でのポスタープレゼンテーション大会にも参加するようになったのは、先生が上手に背中を押してくれたから。先生は一人ひとりをしっかり見て、きちんと評価してくれます。まめに声を掛け、盛り上げてくださるので英語を学ぶには最適な環境です。入学して良かったと思います。 入学したらぜひオープンキャンパスのスタッフにもなってください。学科や学年を超えた交流が楽しいですよ。

2017年12月現在の情報です

2019年4月「教育学部教育学科」設置構想中
2017年4月に「都市生活学科」「食物栄養学科」を開設した神戸松蔭では、さらに学生のための変革を進めています。2019年4月、「子ども発達学科」を発展させ、「教育学部教育学科」を設置構想中。「教員養成」と「英語教育」の両方に定評のある神戸松蔭だからこそできるプログラムを予定しています。2019年4月には英語学科も徹底的に学んで身につくカリキュラムに改革され、日本語日本文化学科も学びの幅を拡大。多種多様な「表現分野」が加わります。

2017年12月現在の情報です

Tag

#奨学金制度が充実

2018年入試から入学金が大幅にダウン。30万円が20万円になり、これは私立大学の平均入学金を大きく下回っています。さらに指定校推薦入試の合格者は入学金が免除に。入学手続き時の負担が大幅に軽減されています。さらに入学制特別奨学金の受給者枠を合格者(推薦入試S判定、一般入試A・B日程)の上位20%まで拡大。該当者は入学金および授業料等が半額になります。入学制特別奨学金は「奨学金チャレンジ制度」によって受給することも可能です。

#校舎がキレイ #グローバル教育に力入れてます #少人数で仲良し

イベント日程

3/25(日) 10:00~15:00
オープンキャンパス

公式アカウント

学内で国際交流の機会も豊富にあります