東京農業大学 北海道オホーツクキャンパス

生物資源豊かな北海道オホーツク全てが学びのフィールド

学部・学科
  • 生物産業学部[北方圏農学科・海洋水産学科・食香粧化学科・自然資源経営学科]
キャンパス所在地
  • 北海道
  • 東京都
  • 神奈川県
学校の特徴
  • 多様な生物資源に恵まれた”ここだけ”の環境
  • 地域の全てがキャンパスでありマナビの場
  • 全国から集うフロンティア精神旺盛な学生たち

入試タイプ

  • 一般選抜・一般入試

  • 学校推薦型選抜・推薦入試

  • 総合型選抜・AO入試

  • 大学入学共通テスト

※大学入学共通テスト利用入試は本学独自の試験は実施しない

学校独自の奨学金制度

  • 給付
  • 減免

自然資源豊かな北海道オホーツクで五感を磨き、食と香りを研究!

生物産業学部・食香粧化学科 2年金澤あかねさん

食香粧化学科は、日本では数少ない香りの研究ができる学科で、私は食品のフレーバーに興味がありこの学科を選びました。学科プロジェクトで、規格外品を活用した商品開発や土産物開発に携わりながら学んでいるうちに、食品の味と香りの関連が深いことを知り「食品の旨味成分や香りの作用が味の増強に及ぼす影響」について研究を進めることにしました。味も香りも五感が大切。オホーツクの大自然は感性を磨くのにもってこいの環境です。

2020年2月現在の情報です

自然×専門家×地域をフル活用したプロジェクトでの充実した学び
北海道オホーツクキャンパス周辺には大自然はもちろん、地域のさまざまな産業界のプロフェッショナルの方々がいらっしゃいます。地域と連携を図りながら、エゾシカプロジェクトやアッケシソウプロジェクト、アザラシプロジェクト、エミュープロジェクト、学生ビールプロジェクト、農業女子プロジェクトなど、地域資源を最大限に活用したプロジェクトを展開し、地域活性化や地域創成にもチャレンジし続けています。

2020年2月現在の情報です

もっと見る

Tag

#実習重視のカリキュラム

キャンパス内外には、各種実験室はもちろん、エゾシカ、エミュー、馬、ヤギ、ヒツジなどを常時飼育し、牛や豚の大型動物も飼育できる複合化畜舎も完備。主に乳製品を扱う食品加工技術センターでは、保健所より9業種の営業認可も受けており、能取湖畔にはオホーツク臨海研究センターも開設し、充実した実験実習を展開している。

#人気の授業紹介します #部活・サークルも充実 #充実の周辺環境

3/21(土) 10:00~15:00
北海道オホーツクキャンパスツアー
6/21(日) 10:00~15:00
世田谷キャンパスツアー
7/25(土) 10:00~16:00
北海道オホーツクオープンキャンパス

もっと見る

7/26(日) 10:00~16:00
北海道オホーツクオープンキャンパス
8/22(土) 10:00~15:00
北海道オホーツクキャンパスツアー
9/19(土) 10:00~16:00
世田谷・厚木オープンキャンパス
9/20(日) 10:00~16:00
世田谷・厚木オープンキャンパス
10/11(日) 10:00~15:00
北海道オホーツクキャンパスツアーin収穫祭

*イベントの開催日程等、変更が生じる可能性がありますので、最新の情報は学校公式Webサイトにてご確認ください。

公式アカウント

私たちは、ここで自分の未来をつくっています!